HOW TO 家づくり

金利の推移

低金利について

平成28年2月に日銀によるマイナス金利が導入され、歴史的に低い水準が続いています。

マイナス金利政策とは、民間の銀行が日本銀行に預け入れている預金の一定額以上については、金利をマイナスにするというものです。一定額を超える額を預けると民間銀行が損することになり、それならばその資金を顧客の融資に回そうということです。その中でも貸し倒れの少ない住宅ローンの貸し出し競争が激化し、結果住宅ローン金利の水準が下がってきている状況です。

現在、すでに住宅ローンを返済中の方が、さらに金利の低い住宅ローンに借り換える動きも多く見られます。

これから、マイホームを取得する方は、土地探しや住宅プランなど時間がかかります。
住宅ローンの金利は、完成後に実際に融資をする時の金利が適用されます。
今後は、この低金利の水準が続くと予想されますが、マイホーム取得を考えている方は、住宅ローンについても早めの計画が必要と言えます。

ページの先頭へ戻る