HOME › 住まいの知恵 › 工法に関するお話 › 軽量鉄骨系プレハブ工法

軽量鉄骨系プレハブ工法

強度にすぐれた軽量鉄骨を主要構造材に用い、床や壁などに各種パネルを取り付けて作るプレハブ住宅。耐震・耐風性にすぐれ、虫害や腐朽の恐れがないのが最大の特長。自由設計可能で、外観や内部にも鉄のもつ堅いイメージはありません。


このページの先頭へ