HOME › 住まいの知恵 › 工法に関するお話 › RC系プレハブ工法

RC系プレハブ工法

工場生産されたコンクリートパネルを現場で組み立てる工法。2×4と同じく面で支える構造なので耐久性や堅牢性、耐震性にすぐれ、防耐火性の評価は最も高く、軽量気泡コンクリート等の3種類の大型パネルを使い、耐熱性や遮音性も高い。


このページの先頭へ