HOME › 住まいの知恵 › 工法に関するお話 › 木質系プレハブ工法

木質系プレハブ工法

構造体には木材を使用。壁、床、屋根パネルを組み立てた一体化構造(モノコック構造)が特徴で、耐震、耐風性や省エネ効果も抜群です。設計の自由度が高く、吹き抜けや三階建ても容易。工期が比較的短く増改築も簡単です。


このページの先頭へ